09<< 2017/10 >>11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-04-17 (Tue)
楽し台湾 THE DAY 1  その1 ホテルから迪化街へ


さてさて

着きましたのは台湾桃園空港


機内食も完食した二人組みですが、すでに腹の虫も鳴いています。


タクシーにて東呉ホテルまで。覚えている限り料金も書いていきます。

このときのタクシー代は1035NT$でした。



東呉ホテル(東呉大飯店 DONG WU HOTEL)) は初めての使用ですが、


ネットでチェックした際にやたらと評価が高かったのと、


かなりリーズナブルだったということでこちらに。



場所はMRT(台湾の地下鉄)大橋頭駅の近所です。タクシーで40分弱だったと思います。







今回は女性二人旅でしたが、


ダブルベッド使用のシングルルームをひとりずつネットで予約しました。


2泊で朝食つき12000円足らず。4060NT$でした


私が台湾で今まで泊まった今回と同等のどのホテルも、

必ず日本語も英語も堪能なスタッフがカウンターに常駐していましたが、

東呉ホテルもご多聞に漏れず。

チェックインもすべて日本語でなんら問題がなくスムーズです



チェックインは12時から、ということですぐに部屋に案内してもらいました。


お部屋は窓こそないものの、清潔に整えられていて、


ベッドの広さも一人では充分。


枕はさすが「ふあふあ枕サービス」と銘打ってるだけあってふあふあふふ。


ふあふあまくらが好きな人にはオススメです。



実はお連れはふあふあまくらが苦手だったと聞いたのは予約後でしたが・・・


東呉ホテル 口コミ参考URL

http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g293913-d614895-Reviews-Dong_Wu_Hotel-Taipei.html


とりあえず腹ペコの二人は迪化街へ向かいました





迪化街は漢方薬や乾物、生地の卸やさんが集まっている、

私たちが働いている大阪の船場にちょっと通じるものがある一角なのです。


永楽市場という船場センタービルみたいな建物があって、

そこで生地を買って縫製もしてるということで、

かわいいカバンのサンプルなんかがあればオーダーをして

最終日に受け取りができたらいいねぇ

なんていう考えからまず最初に向かいました。



実は事前調査が不十分すぎて迪化街までホテルから歩いていけることを知らず、

わざわざ反対方向の駅まで向かい電車に乗って、

迪化街の近くだという駅まで乗換えまでしてたどりつき、

そこからちんたら歩いたのでした・・・




でも、あぁ、なんて無駄!とは思いません

その道中で、小さな食堂にてお食事もしたし、私的お目当て候補ナンバーワンの

パールミルクティー(珍珠奶茶)にも早速ありつきました

裏路地に入ったところにあった小さな料理屋さん、おばさんが優しそうだったので

ためらいなく入れました。





海鮮麺



韓国泡菜 いわゆるキムチ 美味しい!



鍋焼米粉

ビーフンのスープ、鍋焼きって書くんですね


漢字でイメージできるものの、出てくるまでのお楽しみ的な

注文で、待ってる間 ワクワク


以前仕事で来台の際に食べたことがあったハマグリのスープを頼もうとしたら

お店のおばさんが「たんたんたん!(湯、湯、湯。。。スープが三つ)になるから

やめといたほうがよくない?」的なことを一生懸命の身振り手振りで

教えてくれて、素直に従って正解でした

ありがとう、おばさん


タピオカミルクティーはそのすぐお隣のスタンドにて。


やっとありつけた~~~




陽気なお姉さん三人組でした




私のお連れがミルクティがあまり好きでなく、

レモネードにミルクティー用のタピオカを入れてくれるように頼んでみましたw

「えぇぇ

みたいな顔をされたけど、快く「スペシャルメニュー」と言って作ってくれました。

「いくら?」って聞いたら

3人でゴニョゴニョ相談して、ミルクティーと同じにしてくれました。


英語も日本語も通じないけど、こういうやり取りが旅の醍醐味ですね


ちなみにタピオカレモネードもちょっとすっぱいけどなかなかいけました。








続く


       




ブログ書くことを意識するようになると

旅の途中でも写真を撮るのを忘れにくくなったり、

ブログにアップするのに、正確な情報を集めようとしたり、

書くことで次への反省点が見えたり、といいことばかりな事に気づきました。

読んでいただいてると思うととても励みになるからです

つたなくて、読みにくい文章ですがランキングボタンを押してもらえると

とても嬉しいです 


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : TAIWAN
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。