07<< 2017/08 >>09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-04-03 (Wed)
桃園空港では遅い便だということもあってか、

タクシー待ちにすごい列

だいたい市内までは1200元なんですが、

並んでいる私たちに白タクのお兄ちゃんが声をかけて来ました。

値段を聞くと1000元とのこと。

安いし待つのは嫌だし、他の台湾の人たちも結構白タクの誘いに乗って地下駐車場まで行っていたので

大丈夫かと思ってお兄ちゃんにお任せすることに。

ちなみに旅のリスクは自己責任と思っているので韓国や他の国では正規のタクシーでも警戒した方がいいこともあります。

過信は禁物わたしも台湾じゃなかったらきっと並んで正規のタクシーの順番を、待つと思います。

着いたのが七時すぎなので、ホテルへの時間を考えたら晩御飯は遅くまで開いているレストランかナイトマーケットかに絞られます。

ホテルへのタクシーの中、協議の結果

ディンタイフォンもいいけど、毎回行くので私のリクエストで京鼎樓(ジンディンロウ)に行くことに。

ホテルは東姿ビジネスホテル。
んー、正直なところ今までのホテルと比べて可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

写真全然撮ってないのですが、シングルベッドが二つのツイン。バスタブ付きです。

シャワーの水圧の元気がないかな。ドアスコープあった方がいいな。
この話は後ほど。

朝食つきですが、食堂はかなり小さいので朝は順番待ちで並んでることもあるみたい。

スタッフはフロントで一人無表情な女の子が大丈夫かと思うような長時間労働してましたが(笑)感じが悪いことはなかったです。調理場のおっちゃんやお掃除のスタッフさんなんかはとても気さくで感じ良かったし。

日本語より英語の方が伝わりました。

で、ホテルからジンディンロウは歩いてでもいける距離でしたがとりあえずタクシーに。

この辺のぐうたら度合いがA子ちゃんとはかなり同じなのが気楽





着いた!

地下に通されましたが、お客さんのほとんどか日本人だったんだけど、あれかな、地下は日本人ゾーン?

ディンタイフォンほどハイソ感はなく、ローカル度が強い感じがしました。

頼んだ料理が、我々がかなり腹ペコだったため、思考能力が落ちていて大量すぎました



まずはあたりまえだの小籠包。

おぉ、かなりアッサリ感。











全体的にアッサリです。豚の角煮も見た目に比べてかなりさっぱりしていて胃にもたれるなんてことはないです。

正直濃い味好みの方はディンタイフォンの方が好きかもしれないです。

値段はディンタイフォンに比べて少し安い感じ。

これだけの料理で1080元でした。

うーん満腹、ということで速やかにホテルに帰ることに。とりあえず地図を片手に歩いてみることにしました。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : TAIWAN
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。